エピガロカテキンガレート摂取アイテム

すくって溶かすだけ。手間なしティータイム粉末掛川茶。掛川産深蒸し茶100%使用

便利1。茶葉の栄養を丸ごと摂取できる。粉末だから、緑茶の栄養を丸ごと摂取できます。茶葉をそのまま粉砕しているため、急須で淹れた緑茶に近い風味と味わいをお楽しみ頂けます。

便利2。急須いらず、茶殻なし!粉末だから、カップにすくってお湯を注ぐだけ。急須は不要で、茶殻も出ません。時間のないお母さん、自分で淹れるのが面倒なお父さんにとって心強い商品です。

便利3。料理やお菓子など、使い方たくさん。粉末だから、料理やお菓子作りにも使用できます。焼酎水割りに混ぜて、カンタン静岡割にも!オリジナルのお料理を作ってみてはいかがでしょうか。


急須いらずで、お湯を注ぐだけの粉末茶。冷水でもしっかり溶けます。
茶葉をそのまま粉砕していますので、緑茶の栄養をまるごと摂取できます。
また、ヨーグルトや牛乳に混ぜたりと、お料理やお菓子づくりにもお使いいただけます。
原料は掛川産一番茶を100%使用しています。

本商品で約100杯分お楽しみいただけます。

※中身は、粉末緑茶(100g入り)と同じお茶です。

  • ランキング3

【11月末まで送料無料】粉末緑茶(50g入り)

価格: ¥540 (税込)
[ポイント還元 5ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

他サイズもございます



<粉末茶のあれこれ>
先日テレビで動脈硬化の予防に紹介された粉末緑茶。その理由は緑茶に含まれる栄養分『エピガロカテキンガレート』を効率よく摂取できること。特に緑茶に多く含まれる成分ですが、お湯で抽出して飲む煎茶では、緑茶に含まれるエピガロカテキンガレート含有量の30%程度しか摂取できません。粉末緑茶はこのエピガロカテキンガレートを一番効率よく摂取でき、抗酸化作用によって動脈硬化を予防します。

粉末緑茶って?
粉末茶とは、お茶の葉を粉砕加工して粉末状にしたお茶です。
最近では、コンビニエンスストアやスーパーなどで「粉末緑茶」「粉末〇〇茶」のような形で販売されているのを目にします。
粉末茶はお湯や水に溶かして使用できるため、煎茶などの急須を使用するお茶と比べて手間がかからず、時短アイテムとして大変便利な商品です。
また粉末茶は、茶葉を100%そのまま粉砕しているので、緑茶の栄養を丸ごと摂取することができます。

インスタントティーとの違いは?
インスタントティーも粉末のお茶ではありますが、「粉末茶」と「インスタントティー」は別物です。 お茶の葉を粉砕加工した粉末茶に対し、インスタントティーは、一度液体に抽出したものを乾燥させて粉末に加工したお茶のこと。
緑茶の栄養を摂りたいという方は、「インスタントティー」ではなく「粉末茶」をオススメします。

粉茶との違いは?
最近よく耳にする間違いですが、粉茶とはお茶を生成する工程で発生する「出物」と言われるもので、茶葉で淹れる緑茶と同じ分類であり、お飲みいただくには急須が必要です。
従って、水やお湯に溶かして飲む上記二つの粉末茶やインスタントティーとは異なります。
粉茶は茶葉の粉ですから、お湯にも水にも溶けませんし、淹れる際は細目の急須が必要となります。
比較的安価で、色鮮やかで濃い味の緑茶をお楽しみいただけます。

ページトップへ